男性と女性

鳩を駆除するための秘策|平穏を取り戻すための対策をマスター

身近な鳥がもたらす被害

2羽のハト

鳩はとても身近な鳥ですが、時としてベランダなどに住み着き、人間に害をもたらしてしまうことがあります。鳩の駆除方法として、ベランダをいつも綺麗にしていること、市販されている鳩対策用品を使うことがあげられます。

詳しく読む

家を脅かす虫退治

白蟻

シロアリは、家の軒下などに住み着き、家の木などを食べて家を壊してしまう害虫です。シロアリ被害が出た場合は、自力で処理するより、知識を持った専門業者へ依頼するようにしましょう。場合によっては費用も安くすみますし、再発防止策などもきちんと施してくれるため、オススメです。

詳しく読む

騒音や糞による被害の防止

鳥

集まることを阻止

鳩は、ビルやマンションの屋上やベランダの手すりで、羽休めをすることを好みます。見晴らしが良く障害物もないため、安全にとまったり飛び立ったりすることができるからです。しかも鳩には、仲間のもとに集まるという習性があるため、最初は羽休めをしていた鳩が数羽だったとしても、その数はどんどん増していきます。すると、そのビルやマンションでは、騒音や糞による被害が発生することになるのです。つまり、羽休めをしている鳩が少ないうちに、そこを鳩にとって安全ではない環境にすれば、集まることを阻止できるわけです。そのため駆除業者は、羽休めをしている場所にトゲのついたネットを設置したり、忌避剤を散布したりします。鳩が危機感からその場所に近づかなくなれば、駆除は成功するのです。

巣作りを阻止

鳩が羽休めをするのは、先述したように主に見晴らしの良い手すりですが、巣作りをするのは薄暗い壁際となっています。鳩は、カラスなどに見つからないようにと、物陰に隠れてこっそりと巣を作るのです。特にエアコンの室外機やプランターの裏側などにはよく巣作りをするので、駆除作業はそういった場所にもおこなうことが肝心となっています。そのため駆除業者の多くが、まだ巣作りがおこなわれていなかったとしても、その可能性がある場所に、念のために忌避剤の散布をおこなっています。これにより、巣作りを阻止しやすくなるからです。仮に巣作りがおこなわれたとしても、駆除業者ならそれを壁や室外機などから綺麗に除去することができます。鳩の体には雑菌がついていて、巣ではそれが多く繁殖しているので、消毒もしっかりとおこなわれます。

家を食べてしまいます

たくさんのシロアリ

住居にシロアリが棲みついてしまうと、木材の柱や壁を食べてしまうので、その損害額は相当なものです。シロアリの食害を確認したら、直ちにシロアリ駆除を行う必要があります。最近では、害虫駆除業者の数も増えており料金も異なりますから、ネットサービスを利用して一括見積もりを取ってみると良いでしょう。

詳しく読む